Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

趣味人が集めた「知っておくべき」知識・情報のまとめ

雑学クラブ

スポンサードリンク

妊娠中に温泉に入っても大丈夫?妊娠中の温泉効果と入浴注意点とは?

更新日:

 

妊婦の温泉は大丈夫なのかダメなのか?

妊娠中は二人きりの最後の時間を楽しもうと、旅行を計画する人も少なくないと思いますが、温泉に入っても良いかどうか気になりますよね。

 

温泉に行くと、温泉の入口には、効能や注意書きがありますが、そこには「妊娠中、妊娠初期の方は入らないこと」といったことが書いてあります。

 

妊婦は温泉に入れるのか?という疑問に関しては、科学的には温泉成分が妊娠中に胎児に直接的に影響を与えることはないとされています。

 

しかし、それにははっきりとした根拠はないようで、妊娠中は皮膚などがデリケートになっているので、温泉の効能がいつもより強く反応して、湿疹がでてしまう可能性があるかもしれないからです。

 

もちろん、そういった症状は人それぞれ違いますので、かかりつけの医師に相談すると良いでしょう。妊娠中の温泉で気をつけたい事は、それだけではありません。

 

妊娠中の温泉浴の注意点について

温泉と言うと、ついつい長湯してしまいがちですが、妊娠中の長湯は禁物です。

 

妊娠中はのぼせやすく気分が悪くなりがちですし、お母さんの体温上昇は、羊水の温度も上げてしまい、赤ちゃんに負担がかかります。

 

また、足を滑らせてこけることのないように足元に注意が必要です。お腹が大きくなり、足元が見えにくくなっている妊婦さんにとって、慣れないお風呂場は特に注意が必要です。

 

後は、安定期に入り、体調も万全であれば、温泉旅行は可能ですが、万が一何かあった時に対応がとれるように、母子手帳は必ず携帯し、病院などの緊急連絡先を控えておくようにしましょう。

 

つまり、温泉施設へ旅行に出かける時は、やはり「かかりつけ医」によく相談したほうが良いという事になります。

妊婦さん専用の温泉マタニティープランもあり

妊娠中に温泉に入れるかどうか気にする人が増えた半面、温泉旅行する妊婦さんもここ10年の間にとても増えてきたようです。

 

それに合わせて、妊婦さん専用のマタニティープランも充実してきており、妊婦さんがより旅行しやすい環境が整えられてきました。

 

例えば、部屋はいつでも横になれるようにしてあったり、妊婦さん専用の飲み物やパジャマが用意してあるなど、妊婦さんがうれしい工夫がいっぱいです。

 

また、通常は宿泊をキャンセルすることになった場合は、予定日までの日数によりキャンセル料が発生する場合がありますが、いつなん時何があるか分からない妊婦さんは、キャンセル料が免除されることもあります。

 

このようなプランを用意している旅館、ホテルは全国各地にあり、少し足をのばして温泉と観光を両方とも楽しみたい人、あまり遠出はしたくないから地元でちょっとした旅行気分を味わいたい人、どちらも楽しむことができそうです。

 

妊娠中に温泉に入っても大丈夫?まとめ

赤ちゃんが生まれたらなかなか時間も作れなくなりますし、妊娠中だからこそ楽しめるプランを味わえたらよいですね。

 

-お役立ち

Copyright© 雑学クラブ , 2018 All Rights Reserved.