Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

趣味人が集めた「知っておくべき」知識・情報のまとめ

雑学クラブ

スポンサードリンク

夜間バイトのメリットとデメリット|副業としての夜間バイトとは?

更新日:

 

夜間バイトについて皆さんはどのくらいご存知でしょうか?

夜間バイトと言うと昔は日払いで苦学生というイメージが強かったのですが、最近ではどうなので初しょうか?

 

実施に今では夜間バイトの方が時給がいいからとか、単純に夜型だから夜間バイトの方が都合がいいという感じで夜間バイトをする人が多いようです。

 

夜間バイトの種類はどんなものがあるの?

夜間バイトと言っても色々ありますよね。例えば王道としてはコンビニエンスストアやファミリーレストランなどがあげられますよね。

 

さらにあげていけば深夜営業している牛丼屋や工場などでの軽作業や深夜の警備員の仕事や運転代行などが数限りなくありますよね。

 

夜間バイトのメリットとデメリット

では深夜バイトをするメリットとデメリットって何なんでしょう?

 

まずメリットからあげてみるとなんと言っても深夜手当などで総じて時給が高いという点です。

 

ここは深夜バイトをやってみようと思う人すべてに共通する意見だと思います。

 

その他、これは全ての職種に共通するというわけではないのですが深夜のバイトは昼間のバイトとは違って人との関わりが少なくなるので対人関係が煩わしいと思っている方には良い点ですよね。

 

あとは時間に余裕がある大学生にとっては夜は深夜バイトをして帰って来て、朝から午前中にかけて睡眠を取り、昼の遅い時間に授業を入れるというシフトを組むことが出来るので便利という声も聞きます。

 

ではデメリットの方はどうでしょう。まず最初にあげられるのは生活が不規則になりがちという点でしょう。

 

深夜バイトと言っても完全に一週間詰められるというのは難しいのです。

 

ですから、日によって生活のリズムが乱れがちになりその結果体調を崩したりする人も多いみたいです。

 

夜間バイトで気を付けないといけない事とは?

また深夜バイトには時間帯が深夜であることから「ある種の危険」を伴う場合もあります。

 

深夜というのは犯罪の発生件数が増える時間帯なのでこちらがどれだけ気をつけていても何らかのトラブルに巻き込まれるということがよくあります。

 

ですので自分のやる夜間バイトの安全性については十分なチェックが必要です。

 

このようにメリットとデメリットのある夜間バイトですが様々な理由から夜間バイトをする人自体は増えてきていると言われています。

 

それは昔と比べて社会のしくみが変わり多種多様な価値観や多種多様なライフスタイルが認められるようになったため,夜間バイトを成り立たせる状況が出来てきたということなんでしょう。

 

皆さんがこれから夜間バイトをしようと思っていらっしゃるならこのメリットとデメリットをあらかじめ十分に考慮してどんな職種でバイトするか決めた方が楽しく働けると思います。

 

夜間バイトのまとめ

・メリットとしては給料が深夜料金で高い事があげられます

・デメリットとしては生活が不規則になってしまう

・ある程度危険な時間帯なのでトラブルに巻き込まれないように

-お役立ち

Copyright© 雑学クラブ , 2018 All Rights Reserved.