Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

趣味人が集めた「知っておくべき」知識・情報のまとめ

雑学クラブ

スポンサードリンク

お盆期間・お盆休み2018年(平成30年)はいつからいつまで?

更新日:

日本の夏の代表的行事である「お盆」の期間はいつからいつまでなのでしょうか?

2018年(平成30年)のお盆期間・お盆休みについて調べてみました。

お盆の入り(盆入り)と盆の明け(盆明け)はいつ?

お盆期間がいつからいつまでかと言うと、2018年(平成30年)の場合は

迎え日(盆入り) 8月13日(月)
中日       8月14日(火)
送り日(盆明け) 8月16日(木)

となります。

ただし、東京など一部の地域では、7月13日から7月16日をお盆期間としています。

お盆休みはいつからいつまで?

お盆休みは、一般的には8月13日から16日の事ですが、

2018年(平成30年)の場合は8月11日(土)と8月12日(日)があるので

合計で8月11日から8月16日までの6連休を取ることも可能です。

 

そもそも「お盆」とは

 

毎年日本で夏に行われる先祖の霊を祀る行事の事です。

 

以前は太陰暦を使って7月15日を中心の中日とした期間をお盆と呼んでいましたが、

 

現在では太陽暦の8月15日を中心の中日とした期間を呼ぶことが多くなっています。

 

企業にとってのお盆休みとは

企業などで仕事が休みとなる期間で、一般的にはその地方の風習によるお盆の期間によらずに全国一律に8月中に行われる休みの事である。

 

日程に関しては会社によって異なるが、お盆の中日である8月15日を中心として3~5日間とすることが多い。

 

お盆の迎え火、送り火について

焙烙の上に、おがらを置いて燃やすのが正しい方法です

「おがら」とは麻の茎(皮をはいである)の事で、「炮烙(ほうろく)」とは素焼きの土鍋の事です。

 

迎え火と送り火の時期は、

8月13日の夕方に自宅で「迎え火」を焚いて先祖の霊を迎えます。

8月15日の夜かまたは16日に「送り火」をして盆送りとします。

 

お盆、お盆休み、お盆の期間 まとめ

・お盆とは日本の夏の代表的行事である
・お盆休みは、一般的には2018年(平成30年)8月13日から16日の事です
・東京など一部の地域では、7月13日から7月16日をお盆期間となります

-お役立ち

Copyright© 雑学クラブ , 2018 All Rights Reserved.