Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

趣味人が集めた「知っておくべき」知識・情報のまとめ

雑学クラブ

スポンサードリンク

賞状の筒形ケース(賞状筒)は100均ショップで手に入る|大切な思い出を守るには

更新日:

賞状筒とは卒業式などで卒業証書を入れる筒の事です

卒業証書の筒は100均でもOKです!賞状の筒形ケース(賞状筒)に日ごろ意識を向ける方はあまり多くないと思います。

 

賞状筒とは文字通り賞状を保管するための筒です。卒業証書をはじめ、だれでもいくつかは持っているものと思います。ほとんどの賞状筒は表面が黒い蛇皮模様のものです。

 

思えば賞状は一枚の紙。保存が難しいものでもありますし、またもらってから自宅に持ち帰るまでに汚れたり、折れたりといったことも起こりやすいものです。

 

賞状筒って本当に値段くらい役に立っているの?

そんな賞状をしっかりと保存できる賞状筒は非常に優れたものといえます。

 

額に比べて場所も取りませんし、保管に注意しなければならないことも少ない優れものです。

 

この賞状筒、単価がいくらくらいかご存知でしょうか。会社の表彰のために業者に依頼したことがある方もいらっしゃると思います。

 

単価は大体200~300円程度です。賞状のサイズで変わることはあまりありません。賞状筒は100均でも手に入れることが出来ます。

 

オーダーメイドの賞状筒について

また、賞状筒に校章や社章を箔押しすることもよくあります。その場合は単価にその費用が上乗せされます。

 

相場大体単価の10%程度のようです。ただし、こういった箔押しはある程度まとまった本数の注文の際にしか受け付けてもらえず、また最初に版代がかかることが多いようです。

 

この価格が高いと感じるか低いと感じるか、個人で購入することはほとんどないため、なかなか判断が難しいもの。

 

逆に言えば会社が学校がずっと同じ業者に注文し続けることが多いため、あまり競争原理が働かず、価格の変動がないとも言えます。

 

ただ、大事な賞状を保管するものと考えれば200~300円という単価はあまり高いとは感じない方がほとんどなのではないでしょうか。

 

賞状や感謝状などはお金では代えられない価値があります。それをしっかり長い年月かけて保管してくれるのですから。

 

賞状筒のデザインについて|やっぱり定番が一番

それからデザイン。黒に蛇皮模様以外のデザインを持っている方は少ないと思います。

 

安っぽいイメージを感じさせない、あの模様は非常に適したものとして変更の余地がないほど定着していると言えます。

 

家の整理をしていたら、亡くなった家族の賞状筒が出てきた、あるいは小学校や中学校の卒業時のものがでてきた、なんてことがよくあります。

 

そんな時、賞状筒を見て感傷的な気分になるものです。それも賞状筒のデザインが長い間変わっていないからでしょう。

 

賞状筒が守っているのは賞状ではなく思い出

決して生活必需品ではない。しかし必ず誰もが一つは持っていて、それを邪魔だと思わない。

 

手にとって見る機会は数年、あるいは数十年に一度、賞状筒とは不思議なものと言えます。

 

デジタル化が進み、書類や書籍がデジタル情報化している現代社会。

 

しかし、賞状のような記念になるものは決して廃れることなく、これからも受け継がれていくことでしょう。

-祭り・行事・イベント

Copyright© 雑学クラブ , 2018 All Rights Reserved.