Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

趣味人が集めた「知っておくべき」知識・情報のまとめ

雑学クラブ

スポンサードリンク

天神祭2018!日程・時間、駐車場や穴場スポットを紹介!

更新日:

 

大阪市で開催される「天神祭」はこの地域の一大イベントで2日間に渡って行われます。

お祭りの初日の最後には花火大会も開催され、お祭りを盛り上げてくれます。

天神祭 基本情報

【名称】 天神祭

【日時】 開催日: 2018年7月24日、25日 開催時間: 04:00~(一番太鼓の時間)
※船渡御:7月25日 18:00
※奉納花火: 7月25日 19:30~21:00  荒天の場合は中止・順延無し

【概要】 来場者数:約130万人

【場所】:大阪天満宮周辺(大川河川沿い)

・奉納花火→桜之宮公園・川崎公園(造幣局横)周辺
・陸渡御→大阪天満宮~老松通~新御堂筋~市役所北側~天神橋
・船渡御→旧天満市場前(天満橋付近)

【アクセス】:大阪天満宮まで  ※駐車場は有料の為、公共交通機関がオススメです。
◆電車・地下鉄◆
→JR東西線 大阪天満宮駅下車 3番出入口(東西線アクセスビル)
左へ少し行き、天神橋筋商店街を歩いて左手に見える、天満天神繁昌亭の隣(約3分)
→地下鉄 谷町線・堺筋線 南森町駅 4番B出入口
右へ少し行き、天神橋筋商店街を歩いて左手に見える、天満天神繁昌亭の隣(約3分)
◆自動車◆
※当日は交通規制有り。川崎橋は進入禁止、土佐堀筋、国道1号線は交通規制有り。陸渡御の際は周辺の道路は通行禁止に。会場自体への車での来場は不可。

→お車でお越しの際は、交通規制のない場所まで行くことしかできませんが、混雑するためオススメできません。それでも、どうしても近くまで車で!という方は…
・カーナビでの住所設定は 大阪市北区天神橋1-18-19 が大阪天満宮です。
・環状線北浜出口から高速道路下の道沿いに「難波橋北詰」交差点の1つ先の交差点を左へ、高速道路下の道沿いに「南森町」交差点を右へ、「東天満」交差点を右へ。

【駐車場】:各所にコインパーキングがありますが、当日は難しいかも…

有料駐車場はこちら

トイレの数:駅やコンビニ、商業施設、祭り会場周辺に仮設トイレがありますが、人が多いので女性は特に時間もかかる場合も。お子様連れの場合も余裕を持って。

問い合わせ先:問い合わせフォーム www.tenjinmatsuri.com/contact

公式サイト:http://www.tenjinmatsuri.com

 

天神祭・奉納花火の見どころ

見どころは、何と言っても最終日に大川で打ち上げられる約5000発の奉納花火です!

遠くは生駒山からも見える程の迫力で、特に素晴らしいのはオープニングを飾る梅鉢形のオリジナル花火、「紅梅」です。

天神祭でしか見られない、特別な美しい紅色の花火です。

また、川崎公園では協賛企業の名前などが入った「文字仕掛け花火」も見られます。

クライマックスの間髪いれず打ち上げられる花火も、とてもきれいで壮大です。

天神祭のラストを飾るにふさわしい、船渡御と奉納花火です。

大川から撮影された映像もあり、実際にお祭りで見る視点とは違い、特別な感じがします。

また、ライトアップされた船と花火の彩りがとてもきれいで、暗い夜空にとても映えて美しいです。

 

天神祭奉納花火2018年!日程・時間、打ち上げ場所や穴場も紹介!

  目次1 天神祭奉納花火 基本情報2 天神祭奉納花火の見どころ3 天神祭奉納花火周辺にある喫茶店3選3.1 ① フサヤ3.2 ② ミル3.3 ③ 寒灯舎4 天神祭奉納花火の注意点とポイント ...

続きを見る

 

天神祭・奉納花火の穴場スポット3選

① 川崎橋付近(JR東西線 大阪城北詰駅すぐ)

オススメポイント:駅を出ると大川の東側に出て、川崎橋はすぐです。
屋台も出ているエリアなので、時間潰しにぶらり散策するのもいいかもしれません。

② 大阪城天守閣

住所:〒540-0002 大阪府大阪市中央区大阪城1-1
(城内への入場料:大人600円 中学生以下無料)

オススメポイント:花火が打ちあがっている最中に閉まっていしまいますので最後までいることはできませんが、最初の「紅梅」だけでも!という方にはオススメです。
お堀の北西側でも見ることができますので、観覧中も混雑は避けたい、帰りも少し早めに出て電車に乗りたい、小さなお子さんがいる、などというライト層向け。

③ あべのハルカス

住所:〒545-6016 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目1
JR大阪環状線 天王寺駅すぐ(展望台への入場料:大人1500円 子ども(4歳以上):500円)

オススメポイント:21時まで営業しているので、最後まで見れます!駅近く、乳幼児連れでもお手洗いや授乳室が完備されていますので、とても快適に過ごせます。無料のところはどうしても人が多く、おむつ換えや食事に困りますので、それでもどうしても快適に見たい!という方にはこちらをオススメします。駐車場もあるので、お車でも大丈夫ですよ。

 

天神祭・奉納花火の注意点とポイント情報

■ 注意点
・会場周辺はどこへ行っても混雑しています!何といっても西日本最大のお祭りですので、特に最終日の見所である奉納花火の際は動けなくなる場所も出る程です。

お子様連れは色々な事態を想定して、早めの行動を心がけて下さい。

・特に、花火後の電車は大混雑します。終わったと同時に最寄の電車に殺到しますので、混雑に巻き込まれたくなかったら30分程度早めに切り上げることをオススメします。

 

■ ポイント情報

・会場周辺のコンビニ、自動販売機での飲料は売り切れ続出です。熱中症や脱水を防ぐため、荷物になりますが飲料はあらかじめ、少し多めに用意して行って下さい。

 

天神祭の混雑状況・混雑情報

混雑状況 :会場周辺はとにかく混雑します。特に、無料で花火が見れる場所は、一度入り込んだら終わって人が流れ始めるまで出られないような場所もあります。

 

場所によっては昼には花火の場所取りを始めているところもあり、混雑する時間帯としては、25日の15時ごろから花火が終わって人ごみが動き出す21時過ぎぐらいまではかかりそうと思っておいた方がいいです。

 

天神祭・奉納花火のまとめ

「天神祭」の魅力、見所:

・氏子、崇敬者達を中心とした総勢3千人余りで行う、絢爛優美な陸渡御!
・陸渡御から引き続き、大川を100隻余りの船で航行する船渡御!
・ラストを彩りで飾るにふさわしい、神様への奉納花火!

とにかく天神祭は人が多い!近畿では、あの祇園祭と並ぶ日本有数の人出を誇る規模のお祭りです。

ただ単純に楽しむだけなら、動きやすい格好で。

おめかしして出かけたい方やお子様連れの方は、多少お金がかかっても有料で快適に楽しめる場所を確保してから行くことをオススメします。

最悪、出店やその他のイベントを楽しむだけ楽しんだら、花火の時間に間に合うように帰って快適な我が家でテレビで花火を見るというのも、楽しみ方のひとつですね。

-祭り・行事・イベント

Copyright© 雑学クラブ , 2018 All Rights Reserved.