Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

趣味人が集めた「知っておくべき」知識・情報のまとめ

雑学クラブ

スポンサードリンク

いたばし花火大会2018!日程・時間、有料席や穴場、駐車場も紹介!

更新日:

 

いたばし花火大会 基本情報

荒川を挟んだ戸田市の「戸田橋花火大会」と共同で開催される、昭和26年(1951年)からの歴史を持つ夏の風物詩です。
東京では至る所で花火大会が開催されますが、「実力のいたばし花火大会」として大きな注目を集め、たくさんの人々を魅了しています。

【名称】 いたばし花火大会

【日時】 開催日: 2018年8月4日(見込み) 開催時間: 19:00 ~ 20:30(見込み)

【概要】 打ち上げ数:約12,000発(板橋川:6,000発、戸田側:6,000発) 、 来場者数:約52万人

【場所】: 東京都板橋区舟渡 荒川河川敷

【アクセス】:都営三田線「高島平駅」「西台駅」「蓮根駅」各駅より徒歩約30分
JR「浮間舟渡駅」より徒歩約30分

【駐車場】: 会場周辺無料駐車場なし※周辺有料駐車場利用
※会場周辺交通規制あり、車両進入禁止のためマイカーでの来場不可。

【トイレの数】:26カ所

【問い合わせ先】:板橋区観光協会 板橋区くらしと観光課内(03-3579-2255)

【公式サイト】:http://itabashihanabi.jp/

いたばし花火大会の見どころ

打上げ会場が近く大迫力の花火が楽しめるいたばし花火大会では、東京最大級の「尺五寸玉」や関東最長級700mの「大ナイアガラの滝」など見どころが満載です。

さらに、日本屈指の花火師たちによる「芸術玉」の打ち上げは板橋の空を優雅に彩り、一見の価値ありです。

 

東京都のおすすめ花火大会

江東花火大会2018!日程・見所、穴場スポットや最寄り駅・駐車場は?

  目次1 江東花火大会の基本情報2 江東花火大会の見どころ3 江東花火大会の穴場スポット3選3.1 ① 清砂大橋3.2 ② 荒川・砂町水辺公園3.3 ③ 葛西橋4 江東花火大会の注意点とポ ...

続きを見る

いたばし花火大会2018!日程・時間、有料席や穴場、駐車場も紹介!

  目次1 いたばし花火大会 基本情報2 いたばし花火大会の見どころ3 いたばし花火大会周辺観光スポット3選3.1 ① 乗蓮寺(東京大仏)3.2 ② 天然戸田温泉 彩香の湯3.3 ③ 熱帯環 ...

続きを見る

葛飾納涼花火大会2018!日程・時間、駐車場や穴場スポットを紹介!

  目次1 葛飾納涼花火大会 基本情報2 葛飾納涼花火大会の見どころ3 葛飾納涼花火大会周辺グルメスポット3選3.1 ① 川千家3.2 ② うなぎ・日本料理 ゑびす家3.3 ③ たなかや4 ...

続きを見る

江戸川区花火大会2018!時間・場所取りは?最寄り駅や穴場スポットも紹介

  目次1 江戸川区花火大会 基本情報2 江戸川区花火大会の見どころ3 江戸川区花火大会周辺観光スポット3選3.1 ① 地下鉄博物館3.2 ② 葛西臨海水族園3.3 ③ 江戸川区自然動物園4 ...

続きを見る

隅田川花火大会2018!日程・時間やおすすめの穴場スポットを紹介!

日本の花火大会の代名詞と言っても過言ではない、東京夏の風物詩「隅田川花火大会」は、享保18年(1733年)からの歴史を持つ日本最古の花火大会でもあります。 2つの会場で約2万発もの様々な花火が打ち上げ ...

続きを見る

 

いたばし花火大会周辺観光スポット3選

① 乗蓮寺(東京大仏)

住所:〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-28-3

オススメポイント:奈良、鎌倉に次いで、日本で三番目に大きく、東京では一番大きい大仏様が鎮座しています。
境内には静寂な空気が流れており、落ち着いて参拝することができます。

② 天然戸田温泉 彩香の湯

住所:〒335-0027 埼玉県戸田市氷川町1-1-23

オススメポイント:大浴場には3種類のジェットバス、天然温泉の露天も岩風呂、壺湯、寝湯など、豊富な種類のお風呂を楽しめます。
ソフト整体や横になれるお休み処など、浴後もリラックスしながらゆったりと過ごせます。

③ 熱帯環境植物館

住所:〒175-0082 東京都板橋区高島平8-29-2

オススメポイント:区立のためリーズナブルに、東南アジアの熱帯植物や淡水魚を観察できます。
施設は小さいですが、手間や工夫が随所にされていて見どころも多く見応えがあります。

いたばし花火大会の注意点とポイント情報

■ 注意点:土手の中段通路~最上部、階段上、スロープは歩行者や緊急車両の通り道となるため、観覧は禁止されています。
混雑している場所での自撮り棒の使用は控えましょう。

■ ポイント情報:いたばし花火大会では、有料観覧席が設けられています。
詳細は基本情報問合せ先、または公式HPをご確認ください。

いたばし花火大会の混雑状況・混雑情報

混雑状況:会場最寄駅がいくつかありますが、例年「浮間舟渡駅」「西代駅」は大変混雑する傾向があります。

「高島平駅」ですと、他の駅と比較すると割合混雑は避けられるようです。

また車での来場は、専用駐車場がないことや交通規制されることからあまりおすすめではありません。

会場周辺のコインパークもすぐに満車になってしまうため、公共交通機関での来場がおすすめです。

退会開始前はなるべく早い現地入りと、大会終了後は少し時間をずらして帰路につくなどして混雑を回避しましょう。

いたばし花火大会のまとめ

いたばし花火大会の魅力、見所は

・東京最大級の「尺五寸玉」
・関東最超級の「大ナイアガラの滝」
・日本最高峰の花火師たちの「芸術玉」の競演

などが挙げられます。
オープニングからフィナーレまで様々な演出が施されており、見ている人々を飽きさせません。

間近で感じる花火音とともに夜空に咲く大輪の花火は圧巻です。
ぜひ、いたばし花火大会の実力を堪能しに、足を運んでみてください。

-東京都の情報, 花火大会

Copyright© 雑学クラブ , 2018 All Rights Reserved.