Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

趣味人が集めた「知っておくべき」知識・情報のまとめ

雑学クラブ

スポンサードリンク

葛飾納涼花火大会2018!日程・時間、駐車場や穴場スポットを紹介!

更新日:

 

葛飾納涼花火大会 基本情報

寅さんの故郷であり下町情緒あふれる葛飾区で、江戸の夏を感じることができる花火大会です。
江戸からの古き良き伝統を受け継ぎながらも、次の時代へ歴史を刻むべく新しい技術を取り入れ、趣向をこらした花火を楽しむことができます。

【名称】 葛飾納涼花火大会

【日時】 開催日: 2018年7月24日 開催時間: 19:20 ~ 20:20
※荒天時、翌日に順延

【概要】 打ち上げ数:約13,000発 、 来場者数:約51万人

【場所】: 東京都葛飾区柴又七丁目17番13号地先 葛飾区柴又野球場(江戸川河川敷)

【アクセス】:京成線「柴又駅」より徒歩約10分
JR「金町駅」より徒歩約20分
北総線「新柴又駅」より徒歩約15分

【駐車場】: なし※会場周辺交通規制あり、周辺道路全域車両通行禁止のためマイカーでの来場不可。
公共交通機関での来場が推奨されています。

【トイレの数】:数か所に仮設トイレ約100基あり(車イス用トイレ含む)

【問い合わせ先】:葛飾区コールセンター(はなしょうぶコール)(03-6758-2222)

【公式サイト】:http://www.city.katsushika.lg.jp/

 

葛飾納涼花火大会の見どころ

下町情緒あふれる葛飾区の夏の風物詩、葛飾納涼花火大会では毎年恒例キャラクター花火や進化系花火のデジタルスターマインなど、見どころ満載となっています。

その中でも特に見どころなのが、徳川家康公の頃から約300年に渡り、江戸の夏の夜空を彩ってきた「和火」を鑑賞できることです。

日本最古であり日本の伝統的花火である「和火」は、江戸時代、国内で手に入れることができる材料のみで作られていました。

そのため火の色は赤橙色のみというシンプルなもので、当時の浮世絵でも花火は赤橙色でのみ描かれています。

葛飾納涼花火大会は、江戸の夏の風情を感じながら、最先端花火も楽しめるとても豪華な花火大会となっています。

 

東京都のおすすめ花火大会

江東花火大会2018!日程・見所、穴場スポットや最寄り駅・駐車場は?

  目次1 江東花火大会の基本情報2 江東花火大会の見どころ3 江東花火大会の穴場スポット3選3.1 ① 清砂大橋3.2 ② 荒川・砂町水辺公園3.3 ③ 葛西橋4 江東花火大会の注意点とポ ...

続きを見る

いたばし花火大会2018!日程・時間、有料席や穴場、駐車場も紹介!

  目次1 いたばし花火大会 基本情報2 いたばし花火大会の見どころ3 いたばし花火大会周辺観光スポット3選3.1 ① 乗蓮寺(東京大仏)3.2 ② 天然戸田温泉 彩香の湯3.3 ③ 熱帯環 ...

続きを見る

葛飾納涼花火大会2018!日程・時間、駐車場や穴場スポットを紹介!

  目次1 葛飾納涼花火大会 基本情報2 葛飾納涼花火大会の見どころ3 葛飾納涼花火大会周辺グルメスポット3選3.1 ① 川千家3.2 ② うなぎ・日本料理 ゑびす家3.3 ③ たなかや4 ...

続きを見る

江戸川区花火大会2018!時間・場所取りは?最寄り駅や穴場スポットも紹介

  目次1 江戸川区花火大会 基本情報2 江戸川区花火大会の見どころ3 江戸川区花火大会周辺観光スポット3選3.1 ① 地下鉄博物館3.2 ② 葛西臨海水族園3.3 ③ 江戸川区自然動物園4 ...

続きを見る

隅田川花火大会2018!日程・時間やおすすめの穴場スポットを紹介!

日本の花火大会の代名詞と言っても過言ではない、東京夏の風物詩「隅田川花火大会」は、享保18年(1733年)からの歴史を持つ日本最古の花火大会でもあります。 2つの会場で約2万発もの様々な花火が打ち上げ ...

続きを見る

 

葛飾納涼花火大会周辺グルメスポット3選

柴又と言えば江戸川の西側に位置し、鰻や鯉、鮒などの川魚が多く獲れることから、江戸時代より帝釈天の参拝客に向け川魚料理を振る舞うようになったという歴史がある町です。

そこで葛飾納涼花火大会に来たからには立ち寄りたい、鰻・川魚料理が食べられるグルメスポットをご紹介します。

① 川千家

住所:東京都葛飾区柴又7-6-16

オススメポイント:安永年間(1770年代)からの創業という、老舗の川魚料理店です。
ふわりとした身に、甘さ控えめのサラッとしたタレの鰻が頂けます。

② うなぎ・日本料理 ゑびす家

住所:東京都葛飾区柴又7-3-7

オススメポイント:天明年間(1780年代)からの創業という、老舗の川魚料理店です。
柔らかく香ばしい身と、それを味わえるよう絶妙な加減のタレがかかった鰻が頂けます。

③ たなかや

住所:東京都葛飾区柴又7-3-8

オススメポイント:創業100年を超える老舗の川魚料理店です。
鰻の蒲焼だけでなく、脂のノリが良い白焼や柴又で唯一の柳川料理を頂けます。

 

葛飾納涼花火大会の注意点とポイント情報

■ 注意点:葛飾納涼花火大会では、会場周辺に臨時の専用駐車場などは用意されていません。
交通規制などもあるため、公共交通機関での来場がおすすめです。
どうしても車で向かいたいという場合は、JR「綾瀬駅」や「松戸駅」、京成線「青砥駅」周辺のコインパーキングに車を停め、電車で向かうパーク&ライドがおすすめです。

 

■ ポイント情報:葛飾納涼花火大会では、有料観覧席が設けられています。
詳細は基本情報問合せ先、または公式HPをご確認ください。

 

葛飾納涼花火大会の混雑状況・混雑情報

混雑状況:花火の打上げ会場に最も近い「柴又駅」は大変混雑し、駅から会場までの道も16時頃からピークを迎えます。

柴又駅を利用される場合には、それまでに現地入りしておくことが混雑を回避するポイントとなります。

「新柴又駅」や「金町駅」は比較的混雑が少ないため、人ごみを避けたいという場合にはおすすめです。

 

葛飾納涼花火大会のまとめ

葛飾納涼花火大会の魅力、見所は

・日本の伝統花火「和火」
・打上げ会場と観覧エリアが近く迫力があり臨場感あふれる花火を見ることができる
・下町情緒あふれる柴又で「江戸」の夏を感じることができる

などが挙げられます。
東京の花火大会の先陣を切るのが、この葛飾納涼花火大会です。

江戸から続く日本の伝統をしっかり受け継ぎながらも、新しい花火を取り入れるなど芸術性の高い花火大会となっています。

江戸・東京の夏の風情を感じながら、下町に広がる大輪の花火をぜひお楽しみください。

-東京都の情報, 花火大会

Copyright© 雑学クラブ , 2018 All Rights Reserved.