趣味人が集めた「知っておくべき」知識・情報のまとめ

雑学クラブ

スポンサードリンク

亀戸天神社の藤まつり2018!見頃時期や開花状況は?ライトアップのまとめ!

更新日:

 

亀戸天神社 藤まつりの基本情報

【名称】:亀戸天神社 藤まつり

【日時】:2018年4月下旬から5月上旬

【場所】:〒136-0071 東京都江東区亀戸3丁目6-1

【アクセス】:
総武線亀戸駅下車 北口より徒歩15分
総武線、地下鉄半蔵門線錦糸町駅下車 北口より徒歩15分
都バス亀戸天神前下車すぐ

【駐車場】:
境内参拝利用者専用の無料駐車場が20台ありますが、藤まつり中は大変混雑します。
周辺にコインパーキングはありますが駐車可能台数は少ないので、亀戸天神社のホームページ内でも
公共交通機関のご利用を薦められています。

【人出数】: 30万人

【花の見頃・開花時期】:
4月下旬から5月上旬まで

【ライトアップ時間】:
場所:亀戸天神社内 藤棚
時間帯:日没~24:00 (22時になるとライトの数が減るので、早めに行かれることをおススメします。)
ライトアップ期間:亀戸天神社 藤おまつり期間内

【トイレ】:
公衆トイレ○

問い合わせ先:
亀戸天神社 03-3681-0010
公式サイト:http://www.kameidotenjin.or.jp/

 

亀戸天神社 藤まつりの見どころ

亀戸天神社の藤は、江戸時代から藤の名所として知られ、都内一、東京一とも言われる大人気の名所です。

境内には100株以上の藤が植えられていて、藤棚も15もあります。

浮世絵にも描かれた朱塗りの「太鼓橋」の上から、藤棚を見下ろすことが出来ます。

心字池の水面に映りこむ太鼓橋、藤とのコントラストは見事の一言です。

藤棚越しに東京スカイツリーも見ることができ、絵になる景色が広がっています。

 

100以上の露天が出店し、お祭り気分が味わえます。

夜になると日没後、おまつり期間中はライトアップされ、夜の光に照らされる藤は幽玄の世界そのものです。

 

紅い鳥居をくぐると、すぐに太鼓橋 そして東京スカイツリー、藤棚が見えてきます。

心字池には亀がたくさんおり、可愛い姿を見せてくれます。

朱色の太鼓橋と紫色の藤の組み合わせは色合いも美しく、東京スカイツリーもあるので絶好の写真スポットです。

露店も出ており大変にぎわっています。

 

スカイツリーのライトアップと藤のライトアップのコラボレーション。

すごく絵になります。風に揺られて光に照らされている藤は、とても美しいです。

 

亀戸天神社 藤まつり周辺のおすすめ・穴場スポット2選

① 亀戸餃子 本店 【亀戸天神社からおよそ710m】

住所:〒135-0000  東京都江東区亀戸5-3-3

オススメポイント:
メニューは餃子だけ。有名人気店で裏通りにありながらも、食事時には行列ができます。
2皿以上の注文が必要ですが、焼き立て餃子が美味しすぎて何皿でも食べられる美味しさです。

② 亀戸天神 船橋屋 亀戸天神前本店【亀戸天神社からおよそ150m】

住所:〒135-0000  東京都江東区亀戸3-2-14

オススメポイント:
葛餅で有名な老舗の和菓子屋さんです。
葛餅以外のメニューもどれも絶品です。
お持ち帰りも出来るので手土産にもぴったりです。

 

亀戸天神社 藤まつりのお花見の注意点とポイント情報

■注意点
小さなお子さん連れの方はベビーカーを使用される方もいらっしゃると思いますが、人出がすごいのと、太鼓橋ではベビーカーが利用出来ないので、せっかくの太鼓橋を渡ってみたいという方は抱っこ紐をご利用されることをお勧めします。

■ポイント情報
亀戸天神社は菅原道眞公を祀り、学問の神として親しまれています。江戸時代から「亀戸の五尺藤」「亀戸の藤浪」として親しまれており、多くの浮世絵の題材にもなっているという由緒ある藤でもあります。100以上の屋台が出店するので、賑やかな雰囲気を楽しめます。

■混雑状況
東京一の藤の名所そして無料で散策出来ることもあり、平日でも人出は結構あります。

 

亀戸天神社 藤まつりのまとめ

・東京一の藤の名所、スカイツリーとのコラボレーションも楽しめる、絶景の写真スポットです。
・15の藤棚に100株以上の藤が咲き誇り、心字池に移りこむ太鼓橋と藤も見どころです。
・100以上の露天も出店されるので、下町の情緒あふれた雰囲気を大人も子どもも楽しめます。

亀戸天神社 藤まつりは、関東地区の方に大変人気の藤まつりです。

「名所江戸百選」に描かれるなど江戸時代から藤の名所として知られ、多くの人々を今も魅了しています。

東京スカイツリーを背景に合わせて眺める景観は絶景です。

 

-東京都の情報, 藤まつり

Copyright© 雑学クラブ , 2018 All Rights Reserved.