Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

趣味人が集めた「知っておくべき」知識・情報のまとめ

雑学クラブ

スポンサードリンク

ハーバリウムオイル|失敗しない!ハーバリウム専用オイルの選び方、代用は?

更新日:

 

いきいきと鮮やかに。ハーバリウムオイル

ハーバリウムで失敗しないために!

ボトルの中で色とりどりのお花がゆらゆら揺れるハーバリウム。

 

ハーバリウムは別名「フラワーアクアリウム」とも呼ばれ、
容器の中に、お花とともに透明なオイルが満たされているのが特徴です。

 

簡単なハーバリウムの作り方はこちら

簡単!ハーバリウムの作り方|癒しのハーバリウム作ってみませんか?

  目次1 カンタン!ハーバリウムを作ってみましょう!2 ハーバリウムを作ってみましょう!材料、作り方2.1 まずは用意する材料です。2.2 次に作り方を見ていきましょう!3 注意するポイン ...

続きを見る

 

ハーバリウムに欠かせない、このハーバリウムオイルとは一体どんなものなのでしょうか?

ハーバリウムオイルは代用するにはどうすればいいのでしょうか?

今回はハーバリウムのオイルについてご紹介していきます♪

 

ハーバリウムオイルって?オイルの役割

ハーバリウムのボトルの中の液体。これはお水ではなくオイルです。

 

ボトルにお花だけでなくオイルが入っていることで、
お花がゆらゆら揺れてとってもきれいですよね。

 

このオイル、実はお花をより鮮やかに見せる効果もあるんです!

 

ハーバリウムオイルは、外の光を取り込んで、キラキラ反射させる性質があります。

 

この性質のおかげでお花にたくさん光が当たって、
より明るく、鮮やかにみせることができるんですよ~。

 

ちなみにこの性質はハーバリウムオイル特有のもの。
お水では得られない効果なんです。

 

また、オイルは無色透明なので、
ガラスの中にお花が閉じ込められているような、全体の一体感も感じられますよね。

 

ハーバリウムオイルの成分。ベビーオイルで代用できるの?

ハーバリウムを作ってみるとなると、必ず必要になるこのオイル。

 

「ハーバリウム専用オイル」という名前で売られている商品は、
失敗が少なく、一番きれいに仕上がるので、
やはり手作りするときは一番おすすめです。

 

こちらは花材の卸問屋「東京堂」の専用オイル。

 

 

ですが、「専用のオイルを使えば長くきれいにハーバリウムを楽しめるけれど、

他の代用品に比べると少しコストがかかるので、

もっとお安く、気軽に挑戦したい!」という方も多いですよね。

 

専用オイルをお手軽に代用することはできるのでしょうか?
まず、オイルの成分について見てみましょう。

 

ハーバリウムオイルのベースは、「ミネラルオイル」というオイルです。
この「ミネラルオイル」は、「流動性パラフィン」とも呼ばれています。

 

なんだか聞き慣れない名前ですが、
実はこれ、薬局などで見かける「ベビーオイル」とほぼ同じものなんです。

 

ですから、薬局に売っているベビーオイルでも、
専用のオイルの代用として少しお安くハーバリウムを作ることができます。

 

 

ただし!
ハーバリウムを作る際にお安く代用できる「ベビーオイル」ですが、残念ながら、
『専用のオイルより早く色落ちしてしまう』というデメリットも!

 

「ベビーオイルで代用してみよう!」と思っている方は注意してくださいね!

 

ちなみに、ベビーオイルと同じく保湿材の「グリセリン」も
同様に色落ちしてしまい長期保存は難しいようです。

 

また、「シリコーンオイル」というオイルもあり、
ミネラルオイルよりもやや高価ですが、少しだけお花の色落ちが遅いです。

 

代用品を使いたいけれど、少しでも長くもたせたい…。という場合は
シリコーンオイルを使ってみてもいいでしょう。

 

ただ、シリコーンオイルについても注意点があります。
手作りする際にミネラルオイルとシリコーンオイルが混ざってしまうと、
下の動画のように「白く濁ってしまう」ことが。

 

 

濁ったオイルは元には戻りませんので、
シリコーンオイルを代用する際にはミネラルオイルと混ざらないようにご注意ください。

 

失敗しちゃった…。ハーバリウムオイルの捨て方

ハーバリウムを作ってみて、失敗してしまったり、こぼしてしまったり、という時、
普段馴染みのないオイルだと、処分の仕方がわからないですよね。

 

ミネラルオイル(流動性パラフィン)やシリコーンオイルの捨て方ですが、
食用油と同じように廃棄することができます。

 

牛乳パックの中に新聞紙を詰めて滲みこませたり、
油凝固剤を使って固めてから、燃えるごみに出しましょう。

 

 

誤って流しに油を捨ててしまわないように注意!
環境汚染や火事の原因になってしまいますよ!

 

ハーバリウムオイルとは?まとめ

ハーバリウムを作る上で欠かせない存在であるハーバリウムオイル。

 

水中にお花が漂っているように見せるだけでなく、
お花にきらきらと光を当てる効果まであるとは驚きですよね!

 

ハーバリウムオイルは専用オイル以外にも代用品の種類がいくつかありますので、
ぜひお好みにあったものを使って手作りに挑戦してみてください!

 

-ハーバリウム

Copyright© 雑学クラブ , 2018 All Rights Reserved.