Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

趣味人が集めた「知っておくべき」知識・情報のまとめ

雑学クラブ

スポンサードリンク

永観堂の紅葉2018!見頃時期やライトアップ・駐車場・アクセス方法を紹介!

更新日:

 

京都は東山の中腹に建つ禅林寺は、別名「もみじの永観堂」と言われ、多くの人々を魅了してきた京都屈指の紅葉の名所の1つです。

紅葉の見頃を迎えた永観堂は、境内一帯が紅葉により鮮やかに彩られ、京都の古刹とともに美しい日本の紅葉の風景を楽しむことができます。

永観堂の紅葉 基本情報

【名称】 永観堂 禅林寺の紅葉

【紅葉の見頃】 11月中旬 ~ 12月上旬頃

【場所】: 〒606-8445 京都府京都市左京区永観堂町48

【アクセス】:市バス「南禅寺・永観堂道」より徒歩約3分
地下鉄東西線「蹴上駅」より徒歩約15分

【概要】 来場者数:不明ですが、京都府内第6位の人気の紅葉スポットです。

【ライトアップ】  あり(昨年度は、11月7日~12月6日、17時30分~受付終了20時30分※閉門21時で開催されました。)

【駐車場】: なし※岡崎公園の有料駐車場の利用が推奨されています。

【トイレの数】:あり

【問い合わせ先】:永観堂(075-761-0007)

【公式サイトURL】:http://www.eikando.or.jp/

 

永観堂の紅葉の見どころ

境内に3,000本以上ものモミジがある永観堂は、紅葉の美しさから古今和歌集に詠まれるほどの名刹として、紅葉の名所が多い京都の中でも人気の高いスポットです。

庭園から眺める紅葉ももちろん美しいのですが、その中でも特に見どころとしておすすめなのが、池を囲うモミジが映える「放生池」、古今和歌集に詠まれた「岩垣もみじ」、境内で一番高い場所にある「多宝塔周辺」です。

また、シーズン中にはライトアップも開催され、昼間の華やかさで艶やかな紅葉とはまた違う、情趣のある紅葉を鑑賞することができます。

 

永観堂の紅葉|周辺紅葉スポット3選

せっかく京都を訪れたので、永観堂の他にも紅葉巡りをしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。そこで永観堂周辺の紅葉スポットを、3つご紹介します。

① 哲学の道

住所:京都府京都市左京区浄土寺石橋町~若王子町

オススメポイント:哲学者・西田幾多郎や経済学者・河上肇が物思いにふけりながら歩いていたことが由来となった哲学のm道は、京都の観光スポットとしても有名です。
紅葉シーズン中の哲学の道では、その散策路の所々で紅葉を楽しむことができます。

② 安楽寺

住所:〒606-8422 京都府京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町21

オススメポイント:通常非公開の安楽寺では、紅葉シーズンの土・日・祝日に限り一般公開されます。
茅葺の山門と参道に敷き詰められた紅葉のコラボレーションという、情緒あふれる光景は一見の価値ありです。

③ 南禅寺

住所: 〒606-8435 京都府京都市左京区南禅寺福地町86

オススメポイント:石川五右衛門が「絶景かな絶景かな」と大見得を切った舞台「三門」がある南禅寺も、京都の紅葉名所として有名なスポットです。
南禅寺の広大な敷地の中にある300本ほどのカエデが、紅葉シーズンになると真っ赤に色付き、参拝に訪れた人々を魅了します。

 

南禅寺の紅葉2018!見頃時期やライトアップ・駐車場・アクセス方法を紹介!

  京都市左京区にある「南禅寺」は、京都五山・鎌倉五山を超える寺格を受けた禅宗寺院最高の臨済宗南禅寺派の大本山です。 広大な敷地を持つ南禅寺の秋は、随所に紅葉スポットがあり、訪れた人を鮮やか ...

続きを見る

 

永観堂の紅葉の注意点とポイント情報

■ 注意点:紅葉シーズンのライトアップ開催期間中は、昼夜入替制になっています
日中拝観に訪れて、そのままライトアップまで残るということはできないので注意が必要です。
夜間拝観で再度入る場合、拝観料が別途で必要になります。

 

■ ポイント情報:紅葉の名刹として有名な永観堂は、シーズンに合わせツアーも組まれるスポットです。
混雑で行列に並びたくないという方や、手軽に永観堂の紅葉を楽しみたいという方は、一考の価値ありです。

 

永観堂の紅葉の混雑状況・混雑情報

混雑状況 :永観堂は京都の中でも人気の紅葉スポットのため、シーズン中は大変混雑し、境内に入るまでに30分~1時間程度待たなくてはならいこともあります。

特に、休日や夜間拝観はかなり混み合い、長蛇の列になっていることも多いため覚悟が必要です。

なるべく混雑を回避したいという場合は、昼間拝観であれば開門直後の9時~10時頃、夜間拝観であれば閉門直前の20時~21頃に訪れると良いでしょう。

 

永観堂の紅葉のまとめ

「永観堂の紅葉」の名所の魅力、見所は

・モミジの永観堂と呼ばれ、古今和歌集にも詠まれた紅葉の名刹であること
・ライトアップにより昼と夜で雰囲気の違う紅葉を楽しめること
・3,0004本以上もモミジのよる、錦のような風景を鑑賞できること

などが挙げられます。

紅葉を見に訪れた人を魅了する永観堂のモミジは、京都で名所を探している人へ一押しのスポットです。

昼間の艶やかで華やかな紅葉も、夜間の優美で趣きのある紅葉も、見応えがあり満足度も高いこと間違いなしです。

シーズン中は大変混雑するため覚悟は必要ですが、ぜひ足を運んでみてほしいスポットです。

-京都府の情報, 紅葉

Copyright© 雑学クラブ , 2018 All Rights Reserved.