Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

趣味人が集めた「知っておくべき」知識・情報のまとめ

雑学クラブ

スポンサードリンク

今熊野観音寺の紅葉2018!見頃時期やライトアップ・駐車場・アクセス方法を紹介!

更新日:

 

東山三十六峰の1つである今熊山に建立する「今熊野観音寺」は、涌泉寺の塔頭寺院であり、西国三十三所第十五番感応霊場です。

境内にはたくさんのカエデが植えられており、広い敷地の中に見どころが点在している隠れた紅葉の名所スポットです。

今熊野観音寺の紅葉 基本情報

【名称】 今熊野観音寺の紅葉

【紅葉の見頃】11月中旬~12月上旬頃

【場所】〒605-0977 京都府京都市東山区泉涌寺山内町32

【アクセス】:JR/京阪電鉄「東福寺駅」より徒歩約15分
市バス「泉涌寺道」下車後、徒歩約15分

【概要】 来場者数:不明

【ライトアップ】  今熊野観音寺では、紅葉シーズンに夜間ライトアップを実施しません。

【駐車場】: 15台の無料駐車場あり

有料駐車場はこちら

【トイレの数】:あり

【問い合わせ先】:今熊野観音寺(075-561-5511)

【公式サイトURL】:http://www.kannon.jp/

 

今熊野観音寺の紅葉の見どころ

広大な敷地にたくさんのカエデが植えられている今熊野観音寺は、秋になると境内が深紅に染まり鮮やかな光景を見ることができます。

多宝塔からの景色も圧巻ですが、子護弘法大師の像とボケ封じ観音など、紅葉と一緒に撮影したいスポットも多く見どころが満載なスポットです。

 

今熊野観音寺の紅葉|周辺紅葉スポット3選

① 泉涌寺

住所:〒605-0977 京都府東山区泉涌寺山内町27

オススメポイント:真言宗泉涌寺派総本山であり、皇室とゆかりがあることから「御寺」とも言われています。
境内に紅葉はほとんどないものの、御座所庭園の深紅の紅葉が美しくゆったりと鑑賞したい人におすすめです。

② 雲龍院

住所:〒605-0977 京都府京都市東山区泉涌寺山内町36

オススメポイント:泉涌寺の塔頭寺院の1つであり、御寺泉涌寺院とも呼ばれています。
丸窓の「悟りの窓」からの紅葉や、ライトアップで照らし出される紅葉などを鑑賞することができます。

③ 来迎院

住所: 京都府京都市東山区泉涌寺山内町33

オススメポイント:泉涌寺の塔頭寺院の1つであり、かつては皇后宮の安産祈願所だった寺院です。
大石内蔵助ゆかりの池泉回遊式庭園・含翠庭の紅葉が素晴らしく、秋の京都を感じられるスポットです。

 

今熊野観音寺の紅葉の注意点とポイント情報

■ 注意点:最寄りのバス停から本堂までは、かなりの上り道となっているため、歩きやすい靴や服装で行くことをおすすめします。

 

■ ポイント情報:今熊野観音寺では、毎年11月中旬~下旬にかけて紅葉まつりが開催されます。

ぜひ境内の美しい紅葉を、ゆっくりとお楽しみください。

 

今熊野観音寺の紅葉の混雑状況・混雑情報

混雑状況 : 美しい紅葉が鑑賞できる今熊野観音寺ですが、紅葉名所としての知名度は高くないため、他のスポット比較すると混雑することなく紅葉を楽しむことができます。

 

よりゆったりと紅葉を見たいという方は、開門直後や閉門前に参拝に訪れると良いでしょう。

 

今熊野観音寺の紅葉のまとめ

「今熊野観音寺の紅葉」の名所の魅力、見所は

・多宝塔から眺める紅葉の景色
・広い境内に見どころがたくさんあり、様々な紅葉のある風景が楽しめること
・隠れた紅葉として穴場的なスポットであること

などが挙げられます。

混雑必至の秋の京都で、ゆったりと美しい紅葉を鑑賞できるスポットであり、なるべく混雑を避けたいという方におすすめです。

境内の拝観自由となっており拝観料が不要な点も、色々と京都の紅葉スポット巡りをする際には嬉しいポイントとなるのではないでしょうか。

ぜひ足を運んで、今熊野観音寺の色々な秋の風景をお楽しみください。

-京都府の情報, 紅葉

Copyright© 雑学クラブ , 2018 All Rights Reserved.