Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

趣味人が集めた「知っておくべき」知識・情報のまとめ

雑学クラブ

スポンサードリンク

清水寺の紅葉2018!見頃時期やライトアップ・駐車場・アクセス方法を紹介!

更新日:

 

「清水の舞台」でおなじみの清水寺は、世界遺産にも登録されている京都を代表する観光スポットの1つとして、年間通して多くの人が訪れる場所です。

世界中の人々を魅了するスポットの秋は、紅葉の名所としても有名で、本堂下の錦雲渓を中心に境内が真っ赤に染まります。

清水寺の紅葉 基本情報

【名称】 清水寺の紅葉

【紅葉の見頃】11月中旬~12月初旬頃

【場所】〒605-0862 京都府京都市東山区清水1丁目294

【アクセス】:市バス「清水道」下車後、徒歩約10分
市バス「五条坂」下車後、徒歩約10分

【概要】 来場者数:不明ですが、京都府内19位の人気の高い紅葉スポットです。

【ライトアップ】  【日時】 開催日: 2018年11月中旬 ~ 12月初旬(昨年度、11月11日~12月3日) 開催時間: 17:30 ~ 21:00

【駐車場】: なし

有料駐車場はこちら

【トイレの数】:あり

【問い合わせ先】:清水寺寺務所(075-551-1234)

【公式サイトURL】:http://www.kiyomizudera.or.jp/

 

清水寺の紅葉の見どころ

かつては本当に飛び降りていた人も多かった、と言われる清水の舞台から眺める景色は圧巻ですが、秋の紅葉の時期もまた格別の景色を楽しむことができます。

また、修復工事を終えた奥の院からの景色も素晴らしく、見どころとなっています。

清水寺は、平安~江戸までの建築・庭園・文化を今に伝えていることから世界遺産に登録されましたが、そういった歴史ある荘厳な建造物と紅葉のコラボレーションも見どころの1つです。

 

清水寺の紅葉|周辺穴場スポット3選

① おちゃのこさいさい 産寧坂本店

住所:〒605-0862 京都府京都市東山区清水3丁目316-1

オススメポイント:一味や七味、漬物、ちりめん山椒などを販売しているお店で、世界で一番辛い「舞妓はんひぃ~ひぃ~(一味・七味)」が有名なお店です。
店内で試食もできますので、ぜひ色々試してみて自分好みのものを見つけてみてください。

② 清水 京あみ

住所:京都市東山区清水1-262-2

オススメポイント:ココでしか食べられない「八ツ橋シュークリーム」が名物のスイーツ店です。
注文を受けてからクリームを詰めるため、サクッとした生地と新鮮なクリームを味わえます。

③ 六花亭

住所:〒605-0862 京都府東山区清水1丁目清水寺境内

オススメポイント:創業は江戸時代からという、長きに渡って参拝者の休憩場所となってきた甘味処です。
たっぷりのみたらし餡がかかった焼きたてのみたらしだんごを食べながら、ひとやすみをしてみてはいかがでしょうか。

 

清水寺の紅葉の注意点とポイント情報

■ 注意点:清水寺は2017年2月より、清水の舞台と言われる本堂の修復工事が行われています。

景観は変わりますが改修工事が約50年ぶりということで、工事中の景色もまたなかなか見られないものになります。

訪れる際は、その旨を予め了承されておくと良いでしょう。

 

■ ポイント情報:清水寺では毎年、11月17日~12月2日に成就院庭園が特別公開されます。

時間帯は、9:00~16:00受付終了、夜間公開は18:00~20:30受付終了となります。

 

清水寺の紅葉の混雑状況・混雑情報

混雑状況 : 清水寺は紅葉の名所としてだけでなく、京都の観光スポットとして大変有名であり人気があります。

 

そのため、紅葉シーズンの大混雑は必至となり、ライトアップもまた非常に混み合うため、時間には余裕を持って移動されることがおすすめです。

 

できるだけ混雑を避けたいという場合には、通常拝観であれば開門直後、夜間特別拝観であれば閉門直前の時間帯に訪れると良いでしょう。

 

清水寺の紅葉のまとめ

「清水寺の紅葉」の名所の魅力、見所:

・本堂から眺める圧巻の紅葉
・奥の院からの絶景(現在は工事中の本堂と紅葉の風景になります)
・歴史ある建造物と紅葉のコラボレーション

などが挙げられます。

境内が真っ赤に彩られた景観は圧巻の一言であり、混雑必至ではありますが一見の価値がありです。

そして、ライトアップも実施されますので、昼とは違う紅葉を楽しめることも魅力の1つとなっています。
現在は本堂が修復工事中のため、本来の紅葉のある景色を眺めることができない部分もありますが、ご都合の合う方はぜひ足を運んでみてください。

-京都府の情報, 紅葉

Copyright© 雑学クラブ , 2018 All Rights Reserved.