Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

趣味人が集めた「知っておくべき」知識・情報のまとめ

雑学クラブ

スポンサードリンク

光悦寺の紅葉2018!見頃時期やライトアップ・駐車場・アクセス方法を紹介!

更新日:

 

江戸時代の文化人・本阿弥光悦によって築かれた芸術郷に建立する「光悦寺」は、大虚山と号する日蓮宗のお寺です。

鷹峯の趣きのある紅葉を存分に楽しめるスポットであり、京都の風情ある秋の光景が印象的な名所です。

光悦寺の紅葉 基本情報

【名称】 光悦寺の紅葉

【紅葉の見頃】11月中旬~12月上旬頃

【場所】 〒603-8466 京都府京都市北区鷹峯光悦町29

【アクセス】: 市バス「鷹峯源光庵前」下車後、徒歩約5分

【概要】 来場者数:不明

【ライトアップ】  残念ながら光悦寺では、紅葉シーズンに夜間ライトアップを実施しません。

【駐車場】: 約12台の無料駐車場あり

有料駐車場はこちら

【トイレの数】:あり

【問い合わせ先】:光悦寺(075-491-1399)

【公式サイトURL】:なし
※京都観光協会オフィシャルサイト[京都観光Navi]:https://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=10&ManageCode=13

 

光悦寺の紅葉の見どころ

光悦寺の紅葉が名所スポットと称される理由に、参道の紅葉トンネルがあります。

石畳と鮮やかな赤色のトンネルの風情あふれる光景が訪れる人々を魅了します。

さらに、光悦垣と呼ばれる竹の垣根とモミジのコントラストも美しく、見どころの1つとして人気のあるポイントです。

 

光悦寺の紅葉|周辺甘味処スポット3選

① 神馬堂

住所: 〒603-8065 京都府京都市北区上賀茂御薗口町4

オススメポイント:光悦寺との距離は約25分と少し歩きますが、午前中で売り切れてしまう有名なやきもちのお店です。
たっぷり入ったあんこと、外はカリッと中はもちっとしたおもちが絶品と好評です。

② 光悦堂

住所:〒603-8448 京都府京都市北区鷹峯旧土居町1-203

オススメポイント:鷹峯名物として有名な御土居餅を作っている、老舗の和菓子店です。
のびの良いおもちの中には、しっとりとした上品な甘さのあんこが包まれておりファンの多い和菓子です。

③ 一文字屋和輔

住所:〒603-8243 京都府京都市北区紫野今宮町69

オススメポイント:炭火であぶったあぶり餅が名物のお店で、千年以上参拝者に厄除けとしてお餅を振る舞っています。
香ばしさと程よい甘さのお餅とお茶を、どことなく懐かしい空気が流れる店内で頂けると人気です。

 

光悦寺の紅葉の注意点とポイント情報

■ 注意点:光悦寺には駐車場が完備してありますが、参拝日によっては利用不可なことがあります。

公共交通機関での参拝がおすすめですが、マイカーで行かれるという方で駐車場が使えるか気になる場合は、事前に問合せすることをおすすめします。

 

■ ポイント情報:元々芸術郷であったことから、境内には7つの茶室が点在しており、鷹峯三山を借景とした美しい形式を眺めることもできます。

ぜひ光悦寺で、色々な紅葉のある風景をご堪能下さい。

 

光悦寺の紅葉の混雑状況・混雑情報

混雑状況 : 鷹峯の紅葉スポットとして人気のあるスポットであり、紅葉シーズンの日中は混雑します。

 

参道などの撮影スポットは、なかなか人が写り込まない形で写真を撮るのは難しく、人が少なくなるのを根気よく待つか、人が入った状態で撮るかになります。

 

そのためもしも人がいない写真を撮りたいという場合は、朝の開門直後の参拝がおすすめです。

 

光悦寺の紅葉のまとめ

「光悦寺の紅葉」の名所の魅力、見所:

・参道のモミジトンネル
・光悦垣と紅葉のコントラスト
・借景である鷹峯三山の紅葉

などが挙げられます。

色々な紅葉名所がある京都ですが、光悦寺では「和」の魅力がつまった秋の光景を楽しめるスポットとなっています。

重なり合うモミジのトンネルをくぐる高揚感や、どことなく懐旧的な日本伝統の竹垣と紅葉の風景など、心でも楽しめる場所となっています。

ぜひ足を運んで、秋の鷹峯の風景を光悦寺でお楽しみください。

-京都府の情報, 紅葉

Copyright© 雑学クラブ , 2018 All Rights Reserved.