Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

趣味人が集めた「知っておくべき」知識・情報のまとめ

雑学クラブ

スポンサードリンク

東福寺の紅葉2018!見頃時期やライトアップ・駐車場・アクセス方法を紹介!

投稿日:

 

京都市東山区にある「東福寺」は、1236年に九条道家により創建された臨済宗の古刹です。

室町時代に桜の木を全て伐採しカエデを植えたと伝わっており、「秋」を選んだお寺として京都府内で2位・全国7位の人気の高い紅葉スポットです。

東福寺の紅葉 基本情報

【名称】 東福寺の紅葉

【紅葉の見頃】11月中旬~12月上旬頃

【場所】 〒605-0981 京都府京都市東山区本町15-778

【アクセス】:市バス「東福寺前」下車後、徒歩約5分
地下鉄東西線「東山駅」より徒歩約8分
京阪「祇園四条駅」より徒歩約10分
阪急「河原町駅」より徒歩約15分

【概要】 来場者数:約40万人

【ライトアップ】  残念ながら東福寺では、紅葉シーズンに夜間ライトアップを実施しません。

【駐車場】: なし※10月下旬~12月上旬は駐車場閉鎖

有料駐車場はこちら

【トイレの数】:あり

【問い合わせ先】:東福寺(075-561-0087)※9:00~12:00

【公式サイトUR】:http://www.tofukuji.jp/

 

東福寺の紅葉の見どころ

修行に打ち込むため境内の桜を全て伐採し、その代わりにモミジが植えられたと伝わる通り、秋の境内は一面を紅葉で染めら美しい景色を見ることができます。

見どころは「洗玉澗」と言われる境内を流れる渓谷となっており、その絶景を見られるのが混雑必至となりますが通天橋(有料:400円)と臥雲橋になります。

上からと下からと、両方の位置から美しい紅葉を眺めることができ、その素晴らしさは京都随一と言われています。

 

東福寺の紅葉|周辺紅葉スポット3選

① 勝林寺

住所:京都府京都市東山区本町15丁目795

オススメポイント:東福寺の塔頭の1つであり、その紅葉の美しさは吉祥天が宿るとされ「吉祥紅葉」と言われています。
ライトアップも実施されるため、昼とはまた違う風景を鑑賞することができます。

② 天得院

住所:京都府京都市東山区本町15丁目802

オススメポイント:普段は非公開ですが秋の時期に特別公開されるスポットで、東福寺と比較するとゆったりと紅葉を楽しめます。
抹茶とお菓子を頂きながら鑑賞することができますので、ぜひほっこり温まりながら美しい紅葉を愛でてください。

③ 光明院

住所:京都府京都市東山区本町15-809

オススメポイント:東福寺の塔頭の1つであり、隠れた紅葉の名所として穴場的なスポットとなっています。
虹の苔寺とも呼ばれる素晴らしい枯山水庭園を、鮮やかに彩る紅葉とともにお楽しみください。

 

東福寺の紅葉の注意点とポイント情報

■ 注意点:絶景ポイントである通天橋・臥雲橋は大変混み合い動けなくなることがあります。

そういった経緯より、2016年より紅葉の見頃にあわせて橋上での写真撮影が禁止となっています。

(昨年度:11月12日~11月30日で実施)

 

主な対象区間は、本堂と開山堂を結ぶ通天橋の約20mの橋上と臥雲橋の約10メートルの橋上となりますので注意しましょう。

■ ポイント情報:東福寺では11月1日~12月初旬にかけ、秋の行事として看楓拝観が実施されます。

国指定名勝「東福寺本坊庭園」が特別拝観となりますので、素晴らしい秋の景色をお楽しみください。

 

東福寺の紅葉の混雑状況・混雑情報

混雑状況 : 京都随一とも称される東福寺では、美しい紅葉を見るために多くの人が拝観に訪れるため終日曜日に関わらず非常に混雑します。

 

入場するまでに大行列となるため、混雑することはを予め計算しながら早めに移動することが必要です。

 

少しでも混雑を避けたいという方は、開門直後に拝観がおすすめですが、それでも50人~60人ほどの開門待ちの列ができていることがあります。

 

待ち時間にできるものを用意するなど、上手に活用するようにしましょう。

 

東福寺の紅葉のまとめ

「東福寺の紅葉」の名所の魅力、見所:

・通天橋の紅葉
・臥雲橋の紅葉
・洗玉潤の紅葉

などが挙げられます。

永観堂と並び、紅葉の美しさは京都でも格別だと言われる東福寺は、それ故に多くの人が訪れる混雑必至のスポットなっています。

しかし境内を彩る約2,000本のイロハモミジは圧巻であり、一見の価値がある景色を楽しめますので、ぜひ足を運んでみて頂きたい名所です。

-京都府の情報, 紅葉

Copyright© 雑学クラブ , 2018 All Rights Reserved.