Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

趣味人が集めた「知っておくべき」知識・情報のまとめ

雑学クラブ

スポンサードリンク

婚姻届の提出に必要書類について|海外と日本のシステムの違い

更新日:

 

婚姻届を提出する際に必要書類には二つあります。

① 一つはいわずと知れた婚姻届です。

婚姻届は市役所でもらえますが、インターネットでダウンロードしてプリンターで印刷して使えます。

自分の居住する市町村の婚姻届け出なくても、殆ど同じですから、市長の部分を変えればそのまま使えます。

 

② 二つ目は戸籍謄本または戸籍抄本です。

 

あと忘れてはいけないのが、書類ではありませんが「印鑑」です。

この三つがあれば普通二十四時間受け付けてもらえます。なぜ二十四時間なのかは理由はわかりませんが、普通は二十四時間で受け付けています。

 

海外で結婚する場合の婚姻届けのシステムとは

海外で婚姻届を出す場合は、双方が日本人の場合はパスポートと戸籍抄本があれば、日本大使館で受け付けてもらえます。ただ、後に居住地の市役所に届けてなければいけません。

海外で結婚して婚姻届を出す場合で一方が外国人の場合は、婚姻届を日本大使館に出す前に、大使館のある国の婚姻が成立している必要があります。

 

ですから、その国で婚姻を成立する書類を整えて婚姻届を出してから、日本大使館で婚姻届を出す必要があります。

そのときの婚姻届の必要書類は、その国に法律に従います。ただ、特定の国では相手が外国人の場合、相手の本国、あるいは日本でのみ婚姻届を出すことができます。

 

例えば、中国人と日本人の場合、たとえ二人とも日本にいる場合でも、先に中国で婚姻を成立させる必要があります。

日本については、まったく問題ないのですが、中国で婚姻が成立しない場合があります。そうなると、日本では結婚していても、中国では、結婚していないことになります。

 

こんな変なことが起こるのも、それぞれの国の結婚に対する法律が違うためです。

結婚は宗教の影響も受けていますから、おそらく結婚制度自身もいろいろと変わっているのでしょう。

 

日本での結婚手続きをするための書類に関して

日本では結婚すると結婚した二人だけの戸籍が作られます、この戸籍は簡単にいうならば「二人だけの新しい家をつくる」そういう考え方からできています。

 

ですから妻が夫の戸籍に「入籍する」わけではありません。婿養子とも言いますが、それもまた男性が女性の家に入るわけではありません。

 

ただ新しい「家」の姓が女性の姓になるだけです。戸籍上の人のやりとりはありません。結婚して女性が実家の戸籍を出るとともに、男性も実家の戸籍を出るわけです。

 

婚姻届必要書類のうち婚姻届の記述する内容は、そのような考え方で書かれていますから、新しい戸籍の筆頭者が女性でもなんら問題がありません。

 

実際は納税のときすこし手続きが変わってきますが、妻の方が収入が多い場合、筆頭者を妻にしている友人もいます。

 

それで大きな問題があったとは聞いたことがありません。婚姻届として必要書類を書くとき、結婚の制度そのものについて考える良い機会かもしれません。

 

-生活

Copyright© 雑学クラブ , 2018 All Rights Reserved.