Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

趣味人が集めた「知っておくべき」知識・情報のまとめ

雑学クラブ

スポンサードリンク

了解しました・承知しました・かしこまりました、ビジネスメールで敬語の違いは?

更新日:

 

了解しました・承知しました・かしこまりました、ビジネスメールでの敬語の違い

普段のビジネスシーンで使う言葉の中で、連絡や指示があった場合の「わかりました」・「OKです」という意味を表す言葉には様々な種類があります。

 

学生の場合は、あまり気にしていなくても問題ないことが多いですが、社会に出てからは時と場合によっては失礼になってしまうこともあります。

 

どう使い分ければいいのでしょか?「了解しました」と「承知しました」?

 

あなたは、間違った使い方をしていませんか?正しい表現について調べてみましたので参考にしてみてください。

 

「了解しました」と「承知しました」の違いについて

ここでクエスチョンです!下の「A」「B」には何が入るでしょうか?

【了解しました】
 A 」の人が、「 B 」の人に使う「分かりました」の意味。

【承知しました】
 B 」の人が、「 A 」の人に使う「分かりました」の意味。

一度考えてみてください。

 

 

 

解答: Aは「目上」Bは「目下」が正解です

 

 

①「了解しました(了解いたしました)」の正しい使い方

「了解しました(了解いたしました)」は自分と同等もしくは目下の人に向けて使う言葉です。

 

*「了解」はどうして上司や取引先といった目上の人にはいけないのでしょうか?

「了解」の了の字には、物事を終わらせるという意味合いがあります。

 

この物事を終わらせる「権限」を持っているのは立場が上の人間であるので、関係的に目上の人が目下の人に向けて使うこととなります。

 

そう考えると、ビジネスシーンで上司や大切な取引先・顧客に対して使わない方が無難という事になります。

 

*「了解いたしました」なら使っても良い?

言葉の学者さんの意見では、「了解しました」はダメだが、「了解いたしました」=「了解」に「する」の謙譲語である「いたす」をつけて、「了解いたしました」とすれば、目上の人に対しても失礼にはならないそうです。

 

しかし、多くの企業では新人研修の中で「了解いたしました」よりも「承知しました」の方を使うように指導しているという事実があります。

 

言語学的に問題なくても、日常のビジネスシーンでは相手が不快に思うかもしれない表現は避ける方が良いのではないでしょうか。「承知しました」の方が無難であるいうことになります。

 

②「承知しました(承知いたしました)」の正しい使い方

「承知しました(承知いたしました)」は自分よりも目上の人に向けて使う言葉です。

 

「承知しました」「かしこまりました」は、「分かった」という意味の言葉の中で丁寧・謙譲の意味が加わった表現であるため、目下の人が目上の人に向けて使うことになります。

 

さらに、「承知しました」より「承知いたしました」とした方がより丁寧に感じるかもしれません。

 

「承知する」がもうすでに謙譲語であるので、「する」を「いたす」という謙譲語に置き換えなくても問題はありません。

しかし、特に失礼があってはいけない相手に対しては、「承知いたしました」を使っておく方が無難となります。

 

③「かしこまりました(畏まりました)」の正しい使い方

「かしこまりました(畏まりました)」の正しい使い方と間違った使い方はお客様や目上の人に使うため「承知しました(承知いたしました)」と同じ使い方です。

 

「かしこまりました」の方がより丁寧な表現になります。かしこまりました>承知いたしました といった関係になります。

 

《参考》 敬語の種類について

丁寧語(ものごとを丁寧に表現する)

・聞いている人に対して丁寧に述べる言葉のこと。「です」「ます」「ございます」を付けて使う。相手・内容を問わない。

尊敬語(相手に対して敬意を表現する)

・目上の人に対して使う言葉のこと。相手(目上の人)を立てるときに使う。

謙譲語(自分についてへりくだって表現する)

・自分がへりくだる場合に使う言葉のこと。自らがへりくだることで、相対的に相手を立てるときに使う。

 

敬語の使い分けのまとめ

普段何気なく使っている言葉の中にも、知らないうちに意味を間違って使っているケースがあります。

正しい使い方は、

・上司や目上の人に向けて = 承知しました
・同僚や部下に向けて   = 了解しました

と返答する相手によって違っています。

正しいビジネスマナーを身につけていきましょう。

-ライフハック

Copyright© 雑学クラブ , 2018 All Rights Reserved.