Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

趣味人が集めた「知っておくべき」知識・情報のまとめ

雑学クラブ

スポンサードリンク

アイライナーの引き方のポイントとは?

更新日:

アイライナーの引き方にはポイントがあります。そのポイントは、使うアイライナーの特徴をしっかりと押さえて使うということです。

皆さん、特に初心者の方はあまりメイクに慣れていないので、アイラインを書くのが難しいようです。

 

アイライナーの引き方のポイント

 

自分好みの美眉になるためにアイメイクは本当に重要です。ご自分の顔の印象に大きな影響を与えます。

しかも、ちょっと手元が狂っただけでパンダになって、大失敗ということになりがちです。

 

アイライナーになれていないアイメイク初心者の方は、ペンシルタイプのアイライナーを使うとアイラインの引き方が簡単になります。

コツは、眉の「線」を書くのではなく、「点」を書いていくようにして、まつげの生え際の隙間を埋めていくようにするのがいいといわれています。

 

まつげとまつげの間には思った以上に隙間があります。なので、最初は点でその隙間を埋めるような感じで、少しずつコツをつかんで行った方がうまくいきます。

それからご自身の目の形や状態ごとに線を太くしたり細くしたり調整すると尚よいでしょう。

 

アイラインの書き方にバリエーションをつけられるようになったら、もうアイメイクの上級者です。

 

ペンシルタイプとリキッドタイプの使いこなし

 

アイライナーには、スタンダードなペンシルタイプのアイライナーから、リキッドアイブロウペンのようなリキッドタイプ、筆にとって使うジェルタイプのアイライナーなどがあります。

ペンシルタイプよりもリキッドタイプが、リキッドタイプよりもジェルタイプの方が持ちはいいものです。初心者の方にとっては、リキッドタイプは使いこなすのが難しいかと思います。

 

でもアイライナーの上級者になるには毎日練習あるのみです。

リキッドタイプアイライナーについてですが、商品によってアイラインが引きやすいものから、テクニックが必要な物などメーカーによって違いますので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

リキッドタイプのアイライナーは、ペンシルでアイラインを引いた上から書くのも1つの手です。こうすることにより、まぶたに深みが増し、アイラインもよれにくくなります。

 

アイライナー引き方のコツとは

 

アイライナー引き方のコツは、まつげの隙間を埋めていく要領で引いていくのですが、慣れないと最初はアイライナーの液が垂れてきてボテッと液がついてしまいます。

 

引く時にそのまま使わずに、必ず容器の口で筆を絞るようにしごいて、不必要な液を落とすようにするのがコツだと思います。

でもアイラインがどうしてもうまく引けない時には、使う筆をコシのある細いタイプのアイライナーに変えてみるのもいいでしょう。

 

アイライナーの選び方だけでうまくいくことがあります。ちょっとしたコツですが、顔がむくんでまぶたが腫れぼったい時もあるかと思います。

 

そんな時は、アイラインをいつもより太めに書くと目がはっきりとしていい感じに見えます。

その逆に、アイカラーを目立たせたい時は、今度はアイラインをいつもより細めに入れましょう。

 

アイライナーの引き方でパンダにならないようにするには

 

塗るつけまつげを使うのがいいでしょう。塗るだけで顔の印象をグンとUPしてくれます。ロングラッシュマスカラなどのアイブロウアイテムもおすすめです。

-ライフハック

Copyright© 雑学クラブ , 2018 All Rights Reserved.