Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

趣味人が集めた「知っておくべき」知識・情報のまとめ

雑学クラブ

スポンサードリンク

「拝啓」と「敬具」そして「追伸」の位置はどこ?意外と知らない手紙・メールの書き方

更新日:

代表的な頭語「拝啓」と結語「敬具」そして「追伸」について

社会人として知っておくべき知識の中で、手紙やビジネス文書・メールで頻繁に使われる「拝啓」や「敬具」の使い方を、正しく理解できていますでしょうか?

 

意外とちゃんと知らない人が多いのではないかと思います。意味まで知ってきちんとした手紙のマナーを身につけておきましょう。

 

代表的な頭語である「拝啓」と結語である「敬具」について、そして「追伸」の位置についても解説していきます。

 

あなたの手紙・メールのマナーは大丈夫?サクッと確認するには?

 

手紙の書き方の基本形とは

まず初めに、手紙の書き方としては、前文・主文・末文・後付けの4つの部分から成り立っているという事です。

 

前文は、拝啓・前略・拝復など「頭語」をから書き始めて、いきなり本文(用件や本題)に入るのを避けて、

 

時候の挨拶→祝福の挨拶→感謝の言葉の順で書いてひとまとめとします。

 

この中で、頭語(トウゴ)とは手紙の冒頭に書く挨拶の言葉で、日常会話では「こんにちは」にあたります。

 

そして、結語(ケツゴ)は手紙の結びに書く挨拶の言葉で、日常会話では「さようなら」にあたります。

 

「頭語」と「結語」は組み合わせが決まっている

手紙はこの「頭語」で始まり「結語」で終わります。この頭語と結語は昔から決まった組み合わせの言葉を使うのが一般的です。

 

また注意が必要なのは、手紙の種類によって用いる言葉が違うという事です。

 

一般的な手紙の場合の頭語として、「拝啓」と「敬具」があります。改まった手紙や面識のない相手に出す手紙の場合も使えますので覚えておいて損ありません。

 

確かに最近の社内文章・メールではあまり使われなくなってきています。

 

しかし、礼節が必要な対外的なビジネス文書では、頭語・結語を入れるのが当然のマナーなのです。

 

普段使いの手紙やはがきの書き方として「前略」で始まり「草々」で終える書き方も一般になっています。

 

その他、拝啓・敬具のより丁寧な表現として「謹啓」「敬白」の組み合わせがあります。

 

「拝啓」と「敬具」という言葉の意味

では、「拝啓」や「敬具」という言葉はどういった意味なのでしょうか?

 

「拝啓」とは訓読みで「おがみもうす」となり、「おじぎをして申し上げる」=「つつしんで申し上げます」という意味になります。

 

「敬具」とは訓読みで「うやうやしくととのえる」という事ですので、敬意を表して手紙を結ぶという意味になります。

 

つまり、相手に対して敬意を示していることを表す言葉ですので、この事からも普段使いのメールでは使用しません。

 

「追伸」を書く位置はどこが正しいの?「敬具」の前、それとも後?

あまり知られていないのは、「追伸」をどこに書くかという事です。

 

「敬具」の前?それとも後?どの位置に書くのでしょうか?

 

「敬具」で手紙を締めくくった後に、うっかり書き忘れていた内容を、「追伸」として追加して書きます。

 

ですので、「敬具」の位置は「追伸」の前に書くことになります。

 

ここで注意が必要で、目上の人などに出す手紙では、できるだけ「追伸」を書かなくても済むようにするという事です。

 

手紙の本文中にきちんと内容を整理して書ききるのが原則であることを知っておくべきです。

 

-ライフハック

Copyright© 雑学クラブ , 2018 All Rights Reserved.