Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

趣味人が集めた「知っておくべき」知識・情報のまとめ

雑学クラブ

スポンサードリンク

ロレックスのミルガウスはマニア心をくすぐる一品です

更新日:

 

ロレックスのミルガウスとは

ロレックスのミルガウスは、唯一最大1、000ガウス(80,000A/m)の磁力にも耐えうる、特殊構造を供えた時計であり、そのプレミアの高額さでも有名かもしれません。

 

強烈な磁気の中で仕事をせざるをえない無線技師や医師などの利用を想定したブランドとして登場しています。

 

しかしターゲットが特殊な上に少人数であり、あまり多くが売れることはありませんでした。

 

そのため1989年に生産が終了され、4半世紀にわたって復刻されること無く沈黙を守ってきました。

 

その希少性からか現在では価格が高騰、投資目的の転売も続出し、入手することはほぼ不可能とまで言われるまでになりました。試乗では300万以上の高値が付くことも珍しくないようです。

 

ロレックスのミルガウスはマニア心をくすぐる

しかしミルガウスは2007年に新作が発表され、当時の初期モデルの稲妻型の秒針もセットされており、マニア心もくすぐります。

 

ロレックスミルガウスは、ロレックス唯一の耐磁構造を持つブランドです。では、どのように強力な磁力から守られているのでしょうか?

 

まずそのケースを二重にすることによって高い耐磁性を保持しています。

 

またダイヤルは非磁気体で作られていて、インナーケースは軟鉄(磁力を受け付けない素材)製になっています。

 

普段強力な磁力に晒されている人は多くないかもしれませんが、当時マイナーだったパソコンや携帯電話などに囲まれた生活では大いに威力を発揮することでしょう。

 

ロレックスのミルガウスのお値段

現在ロレックスミルガウスは、運よく定価で正規店から購入できたとしても70万以上します(予約できても、入手は数年先となるそうです)。

 

海外の正規店やバイヤーなどから仕入れて販売している並行店では100万オーバーは覚悟しなくてはいけません。

 

しかしそれだけにデザインはもとより機能やステータスというように万全の信頼を受けている逸品でもあります。

 

最近では入学・入社祝や還暦祝い、母の日父の日などの贈答用に人気が出てきているようです。自分へのご褒美として、ボーナスで購入する人も増えてきているとか。

 

ロレックスのミルガウスの注意点

これだけ人気もあり高額ともなると、心配なのがコピー品です。しかし、偽造防止のためにガラス面にはうっすらと王冠の"透かし"が入っています。

 

しかし相場と比べて大幅に安いロレックスミルガウスや、信頼のおけるショップ以外での購入は避けましょう。安物買いの銭失いにはなりたくありませんものね。

 

ロレックスのミルガウス まとめ

ロレックスのミルガウスはは計通すらも唸らせる伝説の名品なのです。

 

身に付けているだけで周りの人と一歩も二歩も先を行っているような感覚を覚えることでしょう。

 

今度のボーナス、使い道決まってますか…?

 

-ライフハック

Copyright© 雑学クラブ , 2018 All Rights Reserved.