Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

趣味人が集めた「知っておくべき」知識・情報のまとめ

雑学クラブ

スポンサードリンク

ワイヤーロープの規格・種類・強度・安全性は一体どこを見れば分かるのか

更新日:

ワイヤーロープの使われている場所とは

ワイヤーロープというのは日常生活の様々な場所で使用されています。まずは一番良く見るものから紹介しましょう。

 

日常で見ることが多いのは、エレベーター用のワイヤーロープです。高層ビルや高層マンションなどが次々と建てられ、エレベーターを乗らない日が無いくらいにさまざまな場所で普及しています。

 

エレベーターは毎日かなりの頻度で人を上下にと運ぶものであるため、特にその安全性は強く求められています。エレベーターに使用されるワイヤーロープの必要使用本数は3本以上となってますので、強度は実際の定員以上のものになっていますので安心です。

 

クレーンなどで見かけるワイヤーロープは、玉掛けと言います。ロールスプリングとも呼ばれています。物を吊る際に使用されるものです。

 

ワイヤーロープの安全性はどのくらい?

重いものを持ち上げる時に使われるということで、ワイヤーロープの破断を起こさないよう、その吊り上げの時のロープの角度や、耐久に関わる廃棄基準など、充分に注意して検討しなければなりません。そのため、その使用は労働安全衛生法の免許を持つものに限られています。

 

物を固定するときに使うのは、台付と呼ばれます。台付ワイヤーロープを玉掛け用に使用することは、強度の関係から出来ません。

 

ただし、なかなか見分けがつきにいくいということで間違えやすいようですが、玉掛け用に使用するということは破損の具合も早く、大変危険だと言われていますので充分に注意が必要です。

 

ワイヤーロープのその他の使い道

ロープウェイやスキーリフトなどにもワイヤーロープが使われています。耐食性を持つロックドコイル使用で、曲がりにくく強いことで安心してロープウェイに乗ることが出来るものです。

 

他にも橋梁用など、いずれにしても人命に影響のあるとても重要な部分での使用が多くみられます。まさに命の綱です。最近では、やや変わったところでのワイヤーロープの使用が注目を集めています。

 

ワイヤーアクションといって、ハリウッド映画等のアクションのために俳優がワイヤーロープに吊られながら、激しい戦闘シーンを演じることがアクション映画で観ることが出来ます。

 

ワイヤーロープの耐久性はどこを見れば分かるのか

ところで、ワイヤーロープというのは何よりも耐久が大切ですが、見た目ではどこの製品か、安心して使用できるものか、というのはよく分かりません。この場合、どこの製品かを確認する方法があります。

 

ワイヤーロープの端を解いてみるのです。すると、中にメーカーの名前の書かれたテープが入っています。こちらは、日本工業規格(JIS)製品であれば入っています。このテープによってどこの製品かを見分けることが出来るのです。

 

このようにさまざまな形で日常生活で役立っているワイヤーロープですが、普段の生活で確認することはほとんど無いといってもいいでしょう。

 

縁の下の力持ちのように様々な場所で使用されているワイヤーロープの活躍、時々目を向けてみると面白いですね。

-ライフハック

Copyright© 雑学クラブ , 2018 All Rights Reserved.